舞妓アジサイ 2021.5


舞妓アジサイ

DSC_4824.JPG

ヤマアジサイの一種。

今年は忘れずに寒肥を施したので、花付きが良いです。


DSC_4822.JPG

駄温鉢に入っているので、少し乾きやすいですがその分、水をやり過ぎたとしても蒸発してくれるので安心です。
駄温にしてから生育が良くなった気がします。

真夏は、半日陰に避難させて過ごしてもらう予定です。葉焼けしてしまい弱ってしまうので。。。

DSC_4821.JPG


DSC_4834.JPG


こんもりとして可愛らしいです。♪












ツツジ  2021.5


ミヤマキリシマ・鶴翁 ←多分

DSC_4375.JPG

小型のツツジで、街路樹として植えられているツツジと比べると花もかなりミニマムです。

DSC_4383.JPG


DSC_4377.JPG

5月の太陽光にあてると退色してしまうので、開花中は日よけしてました。

ツツジは あまり手を掛けずとも毎年見事に咲いてくれる強健種なので、ちょっと安心…。(^^;









イチゴの収穫  2021.5


去年、農園やホームセンターにて、「とちおとめ」と「さちのか」の親株を購入し、その子株を栽培してみたイチゴたち。

一応、実らせることに成功しました。どの実も甘く、期待以上の出来でした。

DSC_4310.JPG


DSC_4363.JPG

ただ、課題があるとすれば、実のなった株の数です。
今ある株の内、実がなったのは半数程でした。

やはり、子株が成長し過ぎていても、生育不良でも、上手く実がならないという結果です。

おそらく今年着果した株は、次郎苗かと思慮されます。
太郎苗は育ちすぎ。三郎苗は去年、親株を水切れさせた際に状態を悪くしてしまい、翌春までに勢いを取り戻せなかった為、実がつかず。
こんな感じだと思います。

今年は、ラベルに太郎とか次郎とか書いておこうかなぁ。









芍薬 2021.5


芍薬・ハワイアンコーラル が久々に咲きました(^^♪

うどんこ病対策や、肥料管理など、結構咲かせるのが大変だった印象…。笑

DSC_4301.JPG
小さめですけど笑

最初何かの実っぽかったのが…
DSC_4289.JPG

まん丸の蕾になり
DSC_4312.JPG

DSC_4311.JPG

太陽が当たっている時だけ、開花します。
DSC_4309.jpg

DSC_4307.JPG

DSC_4291.JPG

DSC_4299.JPG

DSC_4293.JPG

ですが今年もギリギリ、咲いてくれた感じなので、毎年もっと安定して作れるようになりたいです。

もうひとつの芍薬・滝の粧 は今年も咲きませんでした…。来年頑張る!